Japan Regional Explorerトップ > 地域文・東海北陸地方

木曽三川、天水縷々

岐阜県から愛知県、三重県の三県境が交わるあたりは、木曽川・長良川・揖斐川(木曽三川)が集まる低地帯となっています。
数多の水害にあってきた地域は、堤で集落を取り囲む「輪中」を発達させ、水と向き合う生活を営んできました。
そうした水と隣り合う歴史を持つ地域をめぐりました。

訪問者カウンタ
ページ設置:2017年2月9日

輪中の歴史を見つめる 〜三川の交錯する宿命に生きる〜

 2013年7月14日、梅雨のさなかの国営木曽三川公園を訪れました。雨は落ちていませんでしたが、夏の暑さを秘めるような明るい曇り空で、気温は30度近くで本当に蒸し暑い陽気でした。木曽三川公園は、「木曽三川」と呼ばれる木曽川・長良川・揖斐川の下流域、複数のエリアに分かれる広大な公園で、今回足を踏み入れたのは、同公園の中でも最初に供用された「木曽三川公園センター」と呼ばれる地区です。揖斐川と長良川が接近する地点にあり、すぐ東には木曽川も雄大に流れる、まさに三つの川に挟まれるロケーションです。公園があるのは岐阜県、西の揖斐川を越えた対岸は三重県、そして東の木曽川の左岸は愛知県と、三県境も間近に交わります。この公園の中核的な施設である、「水と緑の館・展望タワー」の65メートルの高さから眺望する風景は、まさに水に囲まれた地域の姿がそのままに映し出されるものでした。

水と緑の館・展望タワー

木曽三川公園センター「水と緑の館・展望タワー」
(海津市海津町油島、2013.7.14撮影)
展望タワーより北東方向

展望タワーより北東、長良川(左)と木曽川
(海津市海津町油島、2013.7.14撮影)
展望タワーより北方向

展望タワーより北、高須輪中の風景
(海津市海津町油島、2013.7.14撮影)
展望タワーより南西方向

展望タワーより南西、多度大社方面を望む
(海津市海津町油島、2013.7.14撮影)
千本松原を望む

展望タワーより南、千本松原を望む
(海津市海津町油島、2013.7.14撮影)
展望タワーより東方向

展望タワーより東、立田大橋から名古屋都心方向
(海津市海津町油島、2013.7.14撮影)

 ※上掲写真は、一部にガラスに映りこんだ室内風景や、ガラスの汚れなどのノイズが含まれています。ご了承ください。

 名古屋を中心都市とし、我が国の三大都市圏の一角をなす名古屋(中京)都市圏が展開する濃尾平野は、東はなだらかな丘陵地帯である尾張丘陵に接し、西は養老山地が直線的な縁を形成して平地と向き合う地形となっています。西部におけるこのストレートな境目は断層帯で、濃尾平野はこの影響によって絶えず西側が沈み込む力を受けています。そのため、濃尾平野に流入する木曽三川は西に偏って流れるようになり、伊勢湾岸は大きな三河川が交錯する構造をとることとなりました。北側は揖斐川と長良川に挟まれた「高須輪中」と呼ばれる輪中が眼下に広がります。輪中の中央部は水田が広がり、それを囲むように造られた堤防上は微高地でもあるため、列状に集落が並んでいるのが特徴です。揖斐川を挟んだ西側は養老山地へと続く丘陵地帯が目の前にありまして、現在進行形で隆起する山塊の態様をつぶさに観察できます。中腹には多度大社の大鳥居も確認することができました。

 南は長良川と揖斐川が細い堤防によって流路が分けられた景観を望みます。この堤防は1753(宝暦3)年12月から1755(同5)年5月にかけて、薩摩藩が幕府の命で行った治水工事(宝暦治水)の末に完成したものです。堤防上には工事の竣工後薩摩藩士が日向松を千本植林したと伝えられ、千本松原と呼ばれる美観を今に伝えています。長良川と揖斐川は治水前はこの堤防付近で合流しており、さらに下流で現在の木曽川の流路を辿るように長良川が分流するという離合集散をなしてそれが多くの水害を引き起こす遠因となっていました(木曽川は現在の長良川と木曽川が並ぶ辺りで、長良川に合流していました)。この工事の過程で工事にかかわった藩士が疫病や自害により多くの死傷者を出し、総奉行であった家老の平田靱負(ひらたゆきえ)も完工後自刃したとされる哀史が伝わっています。松原に鎮座する治水神社、工事にかかわり殉職した薩摩藩士を祭神とし、その偉業をたたえるために1938(昭和13)年に建立されています。明治期にはオランダ人土木技師ヨハニス・デ・レーケの指揮により木曽三川分流工事が施工されて、現在は木曽川、長良川、揖斐川はそれぞれ交わることなく伊勢湾に流出しています。松の青々とした枝がその影を川面に穏やかに移すような風景は水郷の情趣を感じさせますが、その背景には水に立ち向かった先人の多くの努力が隠されているのでした。高須輪中の北部にあたる海津市平田町の地名は、上述の平田靱負に由来するものであるのだそうです。

千本松原

千本松原の景観
(海津市海津町油島、2013.7.14撮影)
治水神社

治水神社
(海津市海津町油島、2013.7.14撮影)
堤防上の桜並木

堤防上の道路と桜並木
(海津市平田町三郷付近、2013.7.14撮影)
水田風景と養老山地

輪中の水田風景と養老山地の山並み
(海津市平田町地内、2013.7.14撮影)
水屋

水屋の風景
(愛西市内、2013.7.14撮影)
蓮田の景観

蓮田の景観
(愛西市内、2013.7.14撮影)

 木曽三川公園周辺を散策する前、前日投宿していた岐阜羽島駅前から平田地区を通り輪中に広がる水田や水路、かつての輪中の堤上に造られた桜並木の様子を一瞥し、木曽川西岸の愛知県愛西市内の蓮田で可憐な蓮の花を観たりと、輪中地域の瑞々しい風景を確かめていました。木曽三川公園の展望タワー上からは梅雨時の曇天で十分に見通せませんでしたが、このエリアも名古屋大都市圏の郊外としての横顔もあって、都市化による変容も少なからず地域の様相を変えているようです。そんな中にあっても、水田のある低平面から一段高く石積を設け、水害時の避難施設として設けられた水屋も見受けられました。洪水は多くの財産を危険にさらす途方もない災厄でありましたが、土地を肥沃にする役割もあって、地域に多くの実りをもたらしました。そうした輪中地域ならではの「うまみ」が、災害常襲地帯としてのリスクを押してでも、古来より多くの人々をこの地域に引き寄せていたといえるのでしょうか。

 輪中を歩き、水田の只中に身を置きますと、西側に横たわる養老山地の山並みがまさに壁のようにこの地域に立ちはだかるようにしてあるのが印象に残りました。この山並みが隆起し続けていることがこの地域を低地たらしめていることは既にお話ししました。輪中で目にした養老山地の山容はあまりにも壁のように感じられます。水が容赦なく集まる地域にあって、その絶壁のような山並みはどのように眺められてきたのか、そんなことが気になりました。


※本地域文は今後加筆予定です(愛知県一宮市・岐阜県大垣市・三重県桑名市など)



このページの最初に戻る

 地域文の目次のページにもどる      
トップページに戻る


(C)YSK(Y.Takada)2017 Ryomo Region,JAPAN