Japan Regional Explorerトップ > 地域文・九州沖縄地方

西海道訪問記 II

2002年7月末、昨年と同じような輝きの中、光に溢れる九州南部をめぐりました。高千穂では突然の雨に遭遇し、佐多岬では、広大な海原の向こうから勢いよく吹き渡る風を感じました・・・。


通潤橋

通潤橋
(熊本県矢部町、2002.7.27撮影)
佐多岬付近の海

佐多岬付近の海
(鹿児島県佐多町、2002.7.28撮影)

※熊本県矢部町は2005年2月11日、蘇陽町、清和村とともに合併して「山都町(やまとちょう)」に、また鹿児島県佐多町は2005年3月31日に根占町とともに合併して「南大隅町(みなみおおすみちょう)」に、それぞれなっています。

訪問者カウンタ
ページ設置:2003年12月16日



        (1)高千穂の峰 〜九州山地、雨に佇む〜

熊本は、夏の日差しが強烈にたたきつけていた。九州の南には、台風が接近しているはずなのだが、その影響はまったくない。瀬戸内海を越え、九州山地をまたいだ航空機は、すっきりと晴れた空に照らされた熊本平野をゆるりと旋回し、熊本市東郊に位置する熊本空港に降り立った。熊本の夏は、ゆるやかに広がる大地とともに、目眩めく明るさに溢れているように感じられる。昨年から夏の九州の諸地域を訪れることを継続した格好になるわけだが(西海道訪問記I参照)、その行程で一貫して見てきたことは、大地や海が常に鮮烈なる夏の灼熱を受けて輝いてきたことであったように思う。熊本空港をレンタカーで出発し、阿蘇の南郷谷を進む。阿蘇の中央火口丘と外輪山との間の大地は、なだらかな容貌を呈し、夏の鮮やかないのちの色に溢れているようだ。その平かな稜線の先に、目指す高千穂がある。道路は、やがてカーブや傾斜が多くなり、九州山地の只中へとつながっていく。

九州を考えるにあたり、九州山地に抱かれた地域については、いまだに十分なイメージを描くことができないでいる。英彦山あたりの山塊に始まり、久住、阿蘇、祖母・傾、五家荘・米良荘あたり、そして霧島と、九州の脊梁とも言うべき山々が連なっている。阿蘇は山の塊というよりは、雄大な草原に彩られた大地が鮮烈に印象づけられていて、そのイメージが先行しがちであるが、小国のような山のあわいにひっそりと佇むまちもある。これまでの九州でも行程は、大概海と隣り合わせであった。その延長線上に屹立している「九州山地」をどのような文脈でとらえればよいのか。自動車は山あいの急傾斜の道を進み、トンネルを越え、熊本・宮崎両県の県境を跨いでさらに急な坂道を下って、「神話の里」高千穂へと入った。

高千穂峡

高千穂峡
(宮崎県高千穂町、2002.7.27撮影)
高千穂神社

高千穂神社
(宮崎県高千穂町、2002.7.27撮影)
国見ヶ丘

国見ヶ丘
(宮崎県高千穂町、2002.7.27撮影)
天岩戸神社

天岩戸神社
(宮崎県高千穂町、2002.7.27撮影)


阿蘇までは青い部分をのぞかせていた空は、九州山地に近づくにつれて灰色に変わっていき、高千穂に到着する頃までには滝のような雨を降らせるまでになってしまっていた。高千穂の町をぬけ、五ヶ瀬川のつくる峡谷−高千穂峡−までの道を下って、観光駐車場に到着した時は土砂降りに近い状況であった。それが、九州の南を北上していた台風から湿った風が九州山地に吹き付けている結果であることは明白であった。傘を持っていなかったため、外に出ることがためらわれたが、意を決めて、何も雨具を持たずに、雨のたたきつける遊歩道へと向かった。豪雨の中、青々とした木々と、ごつごつした谷壁の下を、ごうごうと流れていく。水流はよどみをいっさいつくることなく、驚くほど白く泡立ちながら、豪快な速さで目の前を過ぎ去っていく光景は、南九州の多雨のさまを、まざまざと見せ付けてあまりあるものであったように感じた。「台風の通り道」と形容される南九州にとって、夏季における降水は、聳え立つ九州山地の山容とあいまって、畏敬の念を抱かせる存在であったのではないか。水との関係は、空からの恵みであるとともに、時には耕地や家屋や家畜、ときには人の命でさえも洗い流してしまいかねなという構図のもとで理解され得るのではないか。衰えを知らない豪雨と豪快な流水の速度は、北九州における大地と空との関係とは明らかに異なっているように思われた。もちろん、九州北部においても、梅雨末期を中心として数知れない集中豪雨が発生した経緯があるのであるが、恒常的に水との密着度というか、絶えず水とのかかわりの中で時間が進んでいくという空気という意味では、九州を北と南で比較するとすれば、明らかに南の方がその濃度は高いように思われるのである。

高千穂峡を後にし、高千穂神社や天岩戸神社などを巡った後、高千穂の盆地を見下ろすことができる景勝の地、国見ヶ丘へと向かった。この頃までには、雨は弱まったものの、いまだ空は灰色のままであり、風も強い状態であった。西に阿蘇、北に祖母連山を見通すことができるとのことだが、眼下の盆地でさえ濃霧に半ば隠されていた。しかしながら、高千穂の市街地が乗る比較的平らな土地の真中を、五ヶ瀬川が急激に下刻しているようすは、うっすらではあるものの、手にとるように眺めることができた。霧が立ち込める光景もまた、九州南部における雨と向き合う風土を象徴しているように思われた。海と密接な関わりをもって輝きを放ちつづける大地を見通すかのように、水を生み出す山塊が屹立している。その山々が醸すエッセンスもまた、大地のすみずみを豊かに潤しながら、やがて海へと導かれるのではないか、そんな風土を予感させた。高千穂を後にした私は、再び熊本県側に戻り、矢部町にて日本屈指の規模を誇る灌漑用水路橋である、通潤橋を訪れたが、肥後の土地は雲ひとつない夏空のもとにあった。



       (2) 佐多岬から都井岬、飫肥へ 〜大隅半島から日向へ〜

鹿児島湾は、桜島という巨大な火山島(大正時代の噴火で現在は大隅半島と陸続きになっている)のカルデラに海水が浸入したような格好になっていて、豊かな風光を作り出し、鹿児島を代表する景観を構成している。またその一方で、鹿児島県の旧国が大隅と薩摩に別れていることが暗示しているように、この海は鹿児島県の県土を東西に分断する、自然の障壁としての顔も持っている。薩摩半島と大隅半島の先端、指宿と根占とは、直線距離にしておよそ10キロメートルほどなのであるが、実際は海に隔てられているため、この両地点を陸路で移動しようとすれば、鹿児島湾を大きく迂回する必要があり、その道のりは150キロメートルほどにもなるのである。そういった地形条件を克服するために、鹿児島湾を横断するいくつかのフェリー航路が開設され、桜島東半分に市域を伸ばす鹿児島市と桜島間の航路については、昼夜を問わず密な運行が行われている。前日に高千穂から通潤橋、五家荘、人吉を経て鹿児島市に行き着いていた私は、早朝に鴨池港へと向かい、対岸の垂水へ向かうフェリーに乗船した。台風の影響で、鹿児島市内は夜半まで大雨が続いていて、その影響はこの日の朝にも残り、あいにく船上から桜島の全山を見通すことはできなかった。やがて、背後になだらかな丘陵を背負った垂水港が眼前に迫った。垂水市街地の東側には、地図上で確認すると「高峠高原」という記載がなされており、標高1000メートルを越える山の名前も見受けられる。垂水の市街地の両側は、ナイフで端を切り落としたようなテーブル上の台地になっており、それは内陸の笠野原方面へと展開する「シラス台地」の一部をなすもののように思われた。丘陵や台地の向こう、東の空からは、グレーの雲の向こうに朝日が洩れ始めていた。

桜島

鴨池〜垂水フェリー上から見た桜島
(鹿児島市沖、2002.7.28撮影)
垂水港

鴨池〜垂水フェリー上から見た垂水港
(鹿児島県垂水市沖、2002.7.28撮影)

垂水からは、国道を南下し、大隅半島最南端、佐多岬を目指した。途中、鹿児島県東部における中心都市の1つ、鹿屋の市街地を見てみたが、多くの商業施設が集積している様子が見て取れ、人口規模以上の中心性を擁していることが想像された。鹿屋から再び海岸沿いに南へ向かい、大根占町の神川大滝公園では、昨晩までの降水で十分な水量を保持した瀑布が豪快な姿を見せていた。また、幹線道路から外れると、山間部の道路には木の枝や泥などが多く堆積している個所が至るところにあって、「台風の通り道」たる当地の気候を象徴していた。大根占に来る頃には、空は夏の青さを取り戻していて、最高気温もかなり上昇することを予感させていた。大根占の市街地から根占町を経て、佐多町役場所在地の伊座敷地区までの距離は約23キロメートル、佐多岬はそこからさらに県道を経ておよそ15キロメートルほどの道のりを行く。鹿児島湾の穏やかな海面と、緑の大地、対岸に見え隠れする開聞岳の山容などを楽しみながら、佐多岬へ車を走らせた。

佐多岬は、九州島の南の端にあり、佐多町役場の公式サイトは、北緯31度線が通る町として、カイロやニューデリーといった都市と同じ緯度であることを前面に出す内容となっており、かの地がいかに南に位置しているかを強調している。同サイトの掲示板で町役場の職員のコメントによれば、冬でも「こたつ」を使うことはないのだという。有料道路である佐多岬ロードパークウェイに入ると、フェニックス(植栽されたものか、もともと自生しているものかは分からないが)や葉をてかてかと光らせた照葉樹が道の両側を包み込むようになり、一気に亜熱帯性の植生の中へと入っていくことが実感されるようになった。空も夏の日光をふんだんに受けて快く晴れ上がり、大地の植物たちにこれ以上ないほどのエネルギーを与えてくれている。暑さに体を火照らせながら、岬の展望台までの小道を歩いた。道すがらも、亜熱帯性の植物たちは、輝きにあふれていた。展望台から、岬の先端の灯台と、眼前に広がる大海原を眺めた。この白い佐多岬灯台は、1871(明治4)年にイギリス人技士によって建てられたものが基礎になっており、現在の灯台は第二次大戦中に空襲によって失われた灯台を、1946(昭和21)年に再建したものだという。眼下の海は明るいマリンブルーに耀いている。海から渡る風にふかれながら、本来は見通すことができるという、種子島や屋久島などの島々へと思いを馳せた。北西の方向に目を転じると、わずかに開聞岳の山容を望むことができた。

佐多岬灯台

佐多岬灯台
(鹿児島県佐多町、2002.7.28撮影)
佐多岬付近のがじゅまる

佐多岬付近のがじゅまる
(鹿児島県佐多町、2002.7.28撮影)

※鹿児島県佐多町は2005年3月31日に根占町とともに合併して「南大隅町(みなみおおすみちょう)」になっています。

この海は、交流の歴史ということ以上に、薩摩藩における琉球支配の残影が見え隠れして、純粋にその態様をポジティブに捉えられないところだったが、この海は多くの豊かさを運ぶ道の1つであったことは揺るぎない事実であったことだろう。そう考えると、単純に「本土最南端」と位置づけ、わざわざ国土のエッジとしてプロットしなくとも、アジアスケール、さらにはグローバルスケールの座標軸の中で想像を膨らませた方が、より多くのものを見つめ直すきっかけとして、意義のあることであるように思う。亜熱帯の暑さ漲る佐多岬の気候は、まさにそういった尺度のなかで、より鮮烈に印象付けられるのではないだろうか。佐多岬へ向かう遊歩道の入口には、たくさんの気根を枝に垂れ提げたがじゅまるの木が大きな影をつくっていた。

佐多岬から、志布志湾岸を北上し、夏の大隅半島を疾走した。山々はかがやきをはらんだ豊かな緑に全山覆われていて、太平洋に落ち込んでいた。海は空の色あいを織り交ぜながら、どこまでも透き通った水色のかがやきを見せていた。都井岬からは、志布志湾を介して遠く内之浦方面の山なみを見通すことができ、眼下の驚くほど鮮やかな水色の海面とのコントラストともに、その雄大な景観を楽しんだ。都井岬といえば、日本の在来種の特質を残す「御崎馬」。私が訪れた時も、たくさんの馬たちが、広々とした草原のなかで、のびのびと草を食む光景を見ることができた。ここは、古来より馬の放牧が行われてきた歴史があり、直接の起源は、高鍋藩秋月家が1697(元禄10)年に、日向国の駒を集めてこの地域に造営した藩営牧場に求められるようだ。ここでは、牧場の開設当初から現在に至るまで、あまり人の手を加えず、粗放的な管理しか行われてこなかった。繁殖も自然に任すままとなっており、その習性や容貌、形質などは野生に近い状態にある。そのため、御崎馬は「都井の野生馬」とも呼称され、またそれゆえに、「自然における日本に特有の家畜」として、1953(昭和28)年に国の天然記念物に指定されている。

日南海岸の起伏に富んだ海岸線は、断崖がそのまま海と接していたり、またそれらの海岸の間に美しい白浜の海岸が広がっていたりと、さまざまな表情を見せており、そんな海岸線に接しながら進む国道は、快適なドライヴコースとなっている。沖合いにはいくつかの島が点在しているが、中でも著名な島が、「芋を洗うサル」で知られる幸島だ。この島の1匹のサルが、芋を海水で洗って食べる行動を始めて、それが他のサルにも受け継がれ、以来幸島のサルは「文化ザル」として知られるようになった。やがて、道路は日南市の中心部へと到達していく。この地域では広大な流域を持つ広渡川のつくる平野に沿って、港町の油津と、内陸の城下町飫肥(おび)という2つの市街地が発達している。近年は、この両市街地を結ぶ地域に郊外型の商業集積が進んでいるようで、市役所も2つの旧市街地の中間に設けられている。

都井岬の御崎馬

都井岬の御崎馬
(宮崎県串間市、2002.7.28撮影)
都井岬から内之浦方面を望む

都井岬より内之浦方面を望む
(宮崎県串間市、2002.7.28撮影)
飫肥城下町

飫肥城下町
(宮崎県日南市、2002.7.28撮影)
飫肥城跡

飫肥城跡
(宮崎県日南市、2002.7.28撮影)

飫肥の町は、伊東家51000石の城下町をその基盤とする昔語りの町である。碁盤目状に区画された町に、石垣や蔵、武家屋敷、城跡などが豊かに残るその町並みは、「九州の小京都」とも呼ばれるなど、そのしずかさやおちついた容貌は、南国であることを忘れさせてしまうほどであるように思われた。せみたちが威勢のよい泣き声を響かせる中、午後3時を回っても太陽の光線は依然力強く、まちのあらゆる事物を照射しているにもかかわらず、城跡の石垣の一つ一つ、200年以上も保存されてきた建造物の柱の一本一本、懐かしささえ感じられるほどに慎ましい街路の一筋一筋をとっても、なぜかとても凛々しく、雄雄しくも感じられた。伊東家は、鎌倉時代以来の名門でこの地域における地頭職の位置にあったが、戦国期になると隣り合う大藩島津家に攻められ、江戸時代に至り旧領を安堵された後も島津氏との確執が続いたという。大藩の勢力圏が大きく展開した鹿児島県から宮崎県西部にかけての地域においては、強大な鹿児島市の成長と、それに比して相対的に規模の小さいローカルな中心都市群が展開するという構図ができあがったわけであるが、そのような趨勢の中にあって、飫肥城下町の穏やかな佇まいが今に伝えられていることは、重要な意味を持つことなのではないかとさえ思えてくる。飫肥の町を散策しながら、ふとこのようなことが脳裏に浮かんだ。




       (3) 西海道の風、東へ 〜海を介してつながる道〜

大淀川に面した開放的な市街地、市街を南北に貫くフェニックスの街路樹がまぶしい橘通りに象徴される宮崎は、大学時代に青島を中心に訪れて以来の訪問となった。鹿児島市からひたすらにドライヴを続けてきたこともあって、宮崎市内に到着したのは既に夕刻となっていた。そのため、宮崎では夜に少し街中を散策し、当地の名物である「冷や汁」を食することくらいしかできなかった。翌日は、大分の佐伯からフェリーに乗って、四国・高知県の宿毛まで移動し、そこで改めてレンタカーを借りる手筈になっていたのである。

宮崎から鹿児島にかけての沿岸は、九州北部などで感じることができた、人々と海との鮮烈な関わりというものを明確に感じさせないように思われた。また、いろいろな歴史を重ねた個性的な城下町の形成がなされなかった土地柄もあり、地域ごとのくっきりとしたイメージを掴みにくいようにも感じた。とはいえ、遡れば、特に薩南諸島やその南の島々と、九州との結びつきは、想像以上に密なものであったのではないかとも思う。現に、鹿児島県では南方産の貝殻が出土しており、また九州と南の島々とにおいて共通の形質を備えた土器の存在も明らかになっていることは、両地域間の結びつきを雄弁に物語っていると思う。先に、九州の中だけにとどめず、アジア、あるいはグローバルといった地域スケールで考えることに意義があると言った。そういった視点から地域を見つめなおすことにより、新たな視角に気づくこともあるかもしれないし、またおぼろげだった、この地域のローカルな特色についても、よりスポットライトを当てることができるかもしれない。宮崎市内のホテルでこの日は宿泊したのだが、鹿児島からの行程を振り返り、夏の空の下、飛び切りのかがやきを青さとを見せていた地域を思い起こしながら、このようなことを考えてみた。この南の広々とした海にも、島と島とを渡りながら、多くのドラマが展開されてきたに違いない、そう確信した。

翌朝、JR宮崎駅から特急に乗車し、佐伯に移動した私は、宿毛行きのフェリーに乗り込み、豊予海峡を横断した。佐伯港を出発した船は、港を防波堤のように波涛から守っている大入島の南をすり抜けて、九州島のぎざぎざしたリアス式海岸を遠景に、しずしずと、波がやさしくたゆたう海峡を進んでいく。

この航路からはやや北に外れるのであるが、宇和島市の沖に、日振島(ひぶりじま)という島が浮かんでいる。ここは、10世紀の半ば、西国で水軍を率いて猛威を振るった藤原純友を首領とする海賊たちの根拠地の1つであった。この島を介して、九州東海岸と四国、瀬戸内方面へと自由に移動したのであろうか。これらの海賊は、戦国期において戦国大名と手を結びながら水軍として活動することとなる一派へとつながっていくのだが、その集団の一部は、九州東海岸を祖とするといわれているのである。漁労から水運、略奪行動や軍事行動など、その態様は様々に変化したが、海は日本人にとって、日常的に接してきた場所であったのだろう。そして、海の息づかい、瀬の早さ、魚群の行方、海底の起伏、そして、海の上での天候の予測などを、我々の祖先は、ごく当たり前の生活の中で行ってきたのだろう。

鹿児島市街遠景

鹿児島市街遠景
(2002.7.28撮影)
佐多岬より種子島方面を望む

佐多岬より種子島方向を望む
(鹿児島県佐多町、2002.7.28撮影)
佐伯港遠景

佐伯港遠景
(大分県佐伯市沖、2002.7.29撮影)
大入島

大入島
(大分県佐伯市、2002.7.29撮影)

フェリーは、だんだんと九州から遠ざかっていく。リアス式海岸に接する背後の山々は、夏のもやもやした海面の彼方、とても清清しい青緑色を呈しながら横たわっている。フェリーが通り過ぎた跡は、しばらく白く泡立って残り、徐々に小波に打ち消されていく。

陸上交通が発達し、海と接する機会が少なくなってしまったいま、私には、このように、先人が辿ったであろう海路の上に、船が残していく軌跡を辿り、遠くの島影を眺めることによってしか、往時の趨勢を感じることができない。昨年から続けてきた九州を横断する地域を巡る行程は、まさにそのような海と密接に関わってきた時代の息吹のようなものを感じるものであった。古来、わが国へはさまざまな人々や物資が、この海を通じてもたらされてきた。これは疑いのない事実である。そして、海を渡った文化は、この島国の隅々にまで浸透していったはずである。そして、それらはそれぞれの地域において、その場所にあった形に変換されたり、またその地域そのものを変化させたりしながら、人々の記憶の中に刻まれていったのであろうか。

西海道の風は、いよいよ強く、さまざまな色に耀きながら、東へと吹きわたっていく。

西海道訪問記 II −完−




Regional Explorer Credit
  2002年7月27日  熊本空港到着。レンタカーにて、高千穂、通潤橋、五木の里、人吉を経て鹿児島市内にて宿泊。      
        7月28日  鹿児島市を出発、引き続きレンタカーにて、垂水までフェリー、佐多岬、都井岬、飫肥を経て宮崎市内にて宿泊。
        7月29日  電車にて佐伯市へ移動、宿毛港へフェリーで向かう。

※その後も、地域めぐりは四国島内でもう1日続きました。そこでのお話は、「四国西部を行く」にてご紹介しています。


このページのトップに戻る

地域文・九州沖縄地方の目次のページにもどる       トップページに戻る

Copyright (C)YSK(Y.Takada)2003-2004 Ryomo Region,JAPAN